派遣とアルバイトの違い

サイトについて

当サイトでは、派遣としての働き方で高給を得るための方法やポイントについて紹介していきます。「派遣での仕事に興味があるけれど、わからないことも多く不安」といった人に知ってもらいたい情報が詰まったサイトになっています。 当サイトへのお問い合わせは getwork-highpay@outlook.jp までお願いします。

雇用形態による違い

雇用形態による違い早速、派遣とアルバイトの違いについてという基礎知識を紹介していきたいと思います。多くの人は、派遣とアルバイトでそれほど大きな違いはないと感じているかもしれませんが、それは大きな間違いです。実際には様々な違いがあるのです。まず、雇用形態による違いについてから説明していきます。まずアルバイトは、非正規雇用であってもその職場との直接雇用となりますから、職場から直接給料を振り込まれますが派遣社員の場合は登録している派遣会社から給与が支払われるのです。
また、雇用形態の違いは給与の支払い方法の違いだけではなく、職場での立場も若干変わってきます。というのも直接雇用され、そこで長く働くアルバイトは職場の一員、大げさに言えば家族のように扱われることもありますが、派遣社員の場合は一時的なゲストとして扱われることが多くなります。これは、派遣を求める企業というのは急いで欠員を埋めたいといった場合が多いからです。「即戦力として活躍してくれるなら誰でも良い」という考えが根底にあるため、その接し方にも違いが生まれるのです。

業務内容や期間に関する違い

業務内容や期間に関する違いまた派遣社員とアルバイトでは当然のことながら業務内容も変わってきます。まず、アルバイトは企業が直接雇用しているので制限なくどのような仕事にも従事させることができます。一方、派遣社員は派遣先と派遣会社との間で結ばれた契約に基づいた仕事のみ行うこととなっているので、業務内容に制限が生まれます。何となく不自由に感じるかもしれませんが、これは言い換えると派遣社員には契約にない仕事を押し付けられても断る権利があるということです。
そして労働期間においても大きな違いがあります。アルバイトはスタッフが辞めたいと伝えるか、職場からクビにされない限り期間も定めなく働くことができます。しかし派遣社員は数ヵ月ごとの更新がありますので、その職場が気に入っても長期間働き続けるのはなかなか難しいのです。

給与や失業保険の違い

給与や失業保険の違い最後に給与と失業保険の違いについて紹介します。まず、給与面においては派遣社員の方が高い場合がほとんどです。これは派遣社員に対して即戦力としての働きを期待していることや、派遣会社を利用することでスタッフの募集に割く経費を削減できるからです。その分だけ、派遣社員の給料へ反映されるため、アルバイトよりは高い時給で働くことができます。
また、失業保険においても派遣社員は契約満了となるため、1ヶ月後には失業保険を受け取ることができるのです。一方、アルバイトでは「自己都合」による退職がほとんどですから失業保険を受け取るまでには3ヶ月もの期間が必要となります。

派遣に興味がある人にオススメ記事!