派遣の種類を知ろう

サイトについて

当サイトでは、派遣としての働き方で高給を得るための方法やポイントについて紹介していきます。「派遣での仕事に興味があるけれど、わからないことも多く不安」といった人に知ってもらいたい情報が詰まったサイトになっています。 当サイトへのお問い合わせは getwork-highpay@outlook.jp までお願いします。

登録型派遣について

登録型派遣について派遣にはいくつかの種類がありますので基礎知識として知っておいてほしい種類について紹介していきます。まず、もっとも有名なのはやはり登録型派遣となるでしょう。登録型派遣は一般労働者派遣と呼ばれることもありますが意味は一緒です。登録型派遣は派遣の中でも8割を占めている代表的な派遣のタイプです。仕事までの流れとしては、まず人材派遣会社へと登録し、その後希望の仕事が見つかった場合にはじめて雇用契約を結ぶという流れになっています。就業先が確定してからの契約となるので派遣会社側にとってはメリットの多い派遣の形と言えます。ただし、実際に派遣として働く側からすると仕事の紹介がもらえなければ働くことができず無収入となってしまいます。そうしたリスクがあるので、登録型派遣として働くのであれば複数の会社へ登録をしておくのがおすすめです。また、登録する会社をしっかりと選ぶことも重要になるでしょう。

常用型派遣について

常用型派遣について実際に就業する場合にのみ雇用契約を結ぶ登録型派遣とは異なる種類のものもあります。例えば常用型派遣、特定労働者派遣と呼ばれる派遣であれば、派遣会社と派遣スタッフとの間で無期限の雇用契約を結びます。ですから、雇われ方としては正社員に近いものがあるのです。そのため、上記の登録型派遣とは異なり派遣会社は派遣スタッフに対して一定の給与を支払う必要があります。派遣としてはかなり安定した働き方ができる種類と言えるでしょう。ただそれだけに、ある程度以上の経験や能力を求められる仕事が多く、勤務自体も長期が中心となるため気楽な気持ちで始めることはできません。業務内容としては、機械・電気関係の設計およびSE、化学関係、デザイナー、営業など専門的な能力が必要となるものが多いです。登録型派遣と比べるとハードルは高くなりますが、特定の分野において強みを持っている人であれば派遣でも安定した収入を得ることができるので目指してみる価値はあるでしょう。

紹介予定派遣について

紹介予定派遣について最後に説明するのは紹介予定派遣と呼ばれるものです。紹介予定派遣は、一定期間が終了後直接企業に雇用されることを前提とした派遣の形であり、少々特殊です。一定の期間とは最長で6ヵ月と定められており、それ以降は派遣先の直接雇用となります。この紹介予定派遣であれば、派遣スタッフ、雇用主の企業がお互いのことを理解したうえでの雇用ができますからそれぞれにメリットがあります。「まずは派遣から始め、社員を目指したい」という人にもおすすめできます。

派遣に興味がある人にオススメ記事!